無料古紙回収はきちんと分別して出そう

私たちの生活にとって紙は欠かせないもので、1日の生活の中で紙に触れることがなかったという日はないでしょう。しかし現在、地球温暖化が世界規模の課題となっています。その原因のひとつに森林伐採が挙げられます。建築資材用としての伐採もありますが、紙製品の製造にも木材が使用されます。古紙回収を無料で行い、回収した古紙を再生し、森林保護と資源の活用を行う取り組みが進められています。

無料で古紙回収された紙は、種類ごとに分別されます。分別したら圧縮梱包され製紙工場に出荷されます。古紙には新聞やダンボール、飲料用パックなど多くの種類があります。無料の古紙回収をお願いするときに分別をしなければならないのは、古紙の種類によって何に再生されるかが異なるからです。新聞はコピー用紙、雑誌は菓子箱に、牛乳パックはトイレットペーパーになるなど、品質や特徴によって再生されるものが異なります。そのために無料の古紙回収をお願いするときには分別をしておくことが大切だとされています。

全ての紙製品が使用後リサイクルされるわけではありません。防水加工された紙であったり感熱紙などは対象外となるため、業者に回収依頼する際にはきちんと確認しておきましょう。